お客様インタビュー M様(千葉県千葉市)

お手入れかんたん。草むしりのいらない実用的なエクステリアが完成しました!

千葉県千葉市に新築戸建て住宅を建てたM様。ハウスメーカーに新築工事を依頼しましたが、エクステリアは外構専門業者「千葉グリーンセールス」に依頼しました。インタビューでは、外構工事の感想を詳しくお聞きしました!

M様のプロフィール

生まれも育ちも千葉県千葉市のM様は、現在も千葉市にご家族4人でお住まいです。地域のPTAのつながりで、千葉グリーンセールスの社長・大木と知り合いでした。今回お願いした工事内容は、エクステリア全般です。玄関までのアプローチ、リビングからつながるウッドデッキ、人工芝の庭、植栽、車3台分の駐車場、物置の設置など、新築の外構工事全般を依頼。趣味は、子どものころから続けている野球とのことです。

やっぱりエクステリアは「お手入れかんたん」がいい

早速ですが、今回、新築工事と同じタイミングでエクステリア工事をしました。エクステリアで一番気に入っているところはどちらですか?

まず、家族全員が気に入っているのが「人工芝」です。子どもの友だちが家に遊びに来たときも、芝生でゴロゴロ寝ころびながら宿題をやっている姿を見ると「芝生にしてよかったなぁ」と思いますね。そういう和気あいあいとした姿をリビングやウッドデッキから眺めるのは、なんとも言えない幸せな時間ですね。

妻は、玄関につながるアプローチがいいと大満足です。外観とのバランスを考えて、レンガを使ったカーブのあるデザインでご提案してくださいました。段差もゆるやかなので小さな子どもでも登りやすいので安心です。

2018年に新築したM様邸。植木や人工芝などの緑が広がっていると、家全体が華やかに見えます。
「春や秋の過ごしやすいときは、庭でバーベキューでもしたいですね!」

先ほど「人工芝」とお話されていましたが、とてもリアルに見えますね。ホンモノの芝生だと感じました。

私も人工芝のクオリティには驚きました。当初は天然芝も魅力的でしたが、やはり手入れが大変です。人工芝であれば「半永久的にもつ」と聞いていますし、「ほとんどの手入れが必要ない」ということで庭には人工芝を敷きました。
私は無精なので、草取りはしたくないものの、草ぼうぼうになることも恰好悪いと思っているので(笑)。

「お手入れがかんたん」というのは、忙しい子育て世代にとって何よりも魅力に感じます。

実は、庭の砂利の下には「防草シート」が敷かれているんですよ。水はけもいいですし、万一砂利の上に植物の種が飛んできても根がつかないので草むしりも時間がかからないそうです。
砂利を自分で買ってきて撒く人もいますよね。でもこの量の砂利を撒こうと思うと到底できません。「さすがプロの仕事だな」と感じました。

確かな提案力と、予算に見合ったプランが決め手に

ではエクステリア工事をする会社はたくさんありますが、そのなかで千葉グリーンセールスに依頼したのはどのような理由からですか?

千葉グリーンセールスの代表・大木は地元の小学校のPTA会長を務めると同時に地域貢献も手掛けています。

もともと私はこの地元で育っているものですから、地元密着で展開されている千葉グリーンセールスのことは昔から知っていました。

実は今回担当してもらった大木さんは子どもが通う小学校のPTA会長もしていた方ですので、もともとつながりがあったんです。

でも、知り合いとはいえ、大切なマイホームのことですから誰でも頼めるというわけではありません。

提案を見て、信頼できる業者さんだということを実感したので、お願いしたいなと思いました。

では、提案の内容や対応の率直な感想を教えてください。

自分たちの希望とプロのアイデアがぎっしり詰まったデザイン。イメージしやすいCGの提案が◎でした!

私たちの期待を超えて、大木さんはプロとしての提案をいくつもくださいました。

私たちが子育て世代で忙しいからと「手間のかからない庭」をコンセプトに、人工芝や人工木を使い、それでいながら自然を感じるデザインをしてくださったんです。

提案のときには、CGで作ってくださったデザインを見ながら説明してくださったのでイメージしやすかったですよ。

提案してくださったCG通り、寸分の狂いもない庭ができたので驚いています(笑)。

ハウスメーカーの見積もりと比べて工事費もかなり安かったので、予算内でほとんどの希望が叶ったと思います

M様邸のエクステリア工事を徹底解説!

こんにちは、千葉グリーンセールスの大木です。そもそもエクステリア工事ってどのような工事ができるかご存じですか?
エクステリアとは「家の外まわり」のことです。インテリアが「家の内装」を意味するように、エクステリアは「家の外側の工事」を全般的に指しています。エクステリアのなかでも会社によって専門分野がありますが、当社の場合は、エクステリアに関わることは全般的に施工できます!
M様邸の施工では、子育て真っ盛りの忙しいご家庭ですので、まずは手入れに時間をかけなくてもキレイが長持ちすることをテーマにご提案いたしました。
それでは実例を見ながら、解説いたしますね!

  • 玄関アプローチ

    カーポートの隣に玄関までのアプローチを計画しました。
    車から玄関まで、できるだけ短い距離で移動できるので、荷物の出し入れも比較的かんたんに。

    玄関脇に設置した木目調の柵は、目隠し・落下防止・アクセントの3役をこなすすぐれもの。
    木目調ですが、実は金属でできているので耐久性もご安心ください。

  • お庭

    こちらがお手入れがかんたんな人工芝です。
    枯れた芝に見立てた人工芝も折り混ぜてあるので、天然芝のようなリアルさが魅力。
    つぶれずふわっふわ、形状記憶機能もポイントなんですよ。

    砂利の下には草を生えにくくする防草シートをはりました。
    防草シートの上に砂利を敷くことで、雑草を寄せ付けないお手入れかんたんな庭が実現します。

    人工木のウッドデッキ。天然の味わいもありながら、素材が腐る心配もないので安心。
    天然木だと定期的な塗装やメンテナンスも必要ですが、人工木だとメンテナンスいらずです。

    一畳くらいの大きさですが花壇もあります。
    親子で土いじりをしたり、お花を植えたり、家庭菜園もできるので、子どもの情操教育にも役に立ちます。

    リビングの目の前は、目隠しになる植栽を植えました。
    こちらはもう少し茂ってくるとグリーンが鮮やかになりますね。
    樹木の成長もエクステリアの楽しみの一つに。

  • 物置&駐車場

    コンクリート敷きの駐車場も施工。
    後から物置も設置しました。(写真左側)
    物置の屋根に勾配を付けて、雪や雨水がお隣さんに流れ込まないように配慮しています。

    駐車場の敷地には自動車3台が停められます。
    屋根を付けた部分は、車1台分と自転車を数台置けるくらいの大きさでカーポートも計画しました。

いかがでしょうか?
エクステリア工事をすることで、家の外まわりの美観を保ち、快適に暮らすサポートができます。
エクステリア工事で「こんなことができないかな?」という分からない点はお気軽にご相談ください。

小学校のシンボルツリーを守る

先ほど、地域貢献というお話がありました。何か印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

一番印象深いのは、「シイの木」の修復ですね。
子どもたちが通う小学校には樹齢100年を超える「シイの木」があります。
そのシイの木はグラウンドのはずれに群生しているので、夏は木陰になって子どもたちの絶好の遊び場でした。

でも年々弱ってきてしまい、とうとう立ち入り禁止ゾーンに…。
そのシイの木の修復を大木さんが担当してくださったんですよ。

大木さんは、庭造りのプロですから、木の健康を見守る樹木医ともつながりがあります。

そこで知り合いの樹木医さんを連れて来てくだいました。
処方箋として出してくださった「やることリスト」を親子の会で実践しました。3~4年かかりましたが、子どもたちの大切な遊び場が復活したんです。

一時、もうダメかと思った思い出の場所だったので、昔のように子どもたちが遊ぶ姿を見られたときは本当に嬉しかったですね。

グラウンドの一角にあるシイの木の林。休み時間になると子どもたちの歓声が響き渡ります。
樹木医の診断通り、土壌改良から計画。腐った枝はカットするなど、手間暇かけて古木を見守りました。

エクステリア工事を考えている方に向けて

これからエクステリア工事を考えている人に向けて、一言アドバイスをお願いします。

今回、私も実感したように、ある程度プロの意見というものを取り入れる必要があると思いました。
その家に住む人としての要望は多々あると思うのですが、プロの意見から発見することもありますし、気づかされることもあるので、大事なことだと思いますね。

そういった意味では、私はハウスメーカーと千葉グリーンセールスと2社から提案を受けて、すごく勉強になることばかりでした。
一度ご相談してみるといいと思います。

では、最後に千葉グリーンセールスに向けてメッセージをお願いいたします。

大木さん、施工を担当してくださった皆さん。PTAのつながりを超えて工事を依頼できましてありがとうございました。

エクステリアは「家の顔」というか、住む人がどんな人なのか分かってしまう場所だと思うんです。
そう考えると、できるだけ手間をかけずにキレイが長続きする方が、私にはあっています。
今回は手間がかからない庭を提案してくださって助かりました。

今度はウッドデッキにオーニング(日よけ)を計画しているので、今しばらく我が家のエクステリア工事にお付き合いください。それではこれからもよろしくお願いいたします。

「地域密着型のエクステリア会社は、人の顔が見えて安心」とM様。
「職人さんに向けて、娘が感謝の気持ちをお手紙で綴りました」。

~M様、お忙しいなか、貴重なお話をありがとうございました~

取材日時:2018年9月
取材・執筆:株式会社ソフトプランニング
※ 文中に記載されている数値など情報は、いずれも取材時点のものです。


お問い合わせ

エクステリア・ガーデニング・庭のお手入れのご相談は
お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ:0120-112-802 お問い合わせ:0120-112-802
お問い合わせ

ページの先頭へ